一次公募開始!2018年もIT導入補助金を活用しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
2018年IT導入補助金公募開始

2018年4月20日16時に、IT導入補助金のホームページにて
一次公募の開始が発表されました。
あわせて、申請の手引きなど申請に向けた必要情報なども
一斉に更新されましたね!
これまでも速報情報として、各種情報をお伝えして参りましたが
今回は確定情報として、2018年のIT導入補助金の全体像を整理
ていきます。
全体像整理

IT導入補助金全体像

IT導入補助金の全体像として
・補助事業の目的
・補助対象
・補助率、補助金額
・スケジュール
について、順を追って、整理していきます。

補助事業の目的

公募要項から抜粋すると
「中小企業・小規模事業者等における生産性の向上に資するソフトウェア、
サービス等を導入する事業を実施する者に対する事業費等に要する経費の
一部を補助する事業を行うことにより、中小企業・小規模事業者等の生産
性向上の実現を図ることを目的とする」
と記載されておりますが、要するに
生産性向上のためにITを導入する中小企業や小規模事業者を補助する
ことを目的とした補助金ですね。

補助対象

補助対象としては大きく
・補助対象事業者
・補助対象事業
・補助対象ITツール
の3つの切り口があります。

補助対象事業者

詳細はこちらのIT導入補助金の対象事業者を判断する表を見て、
皆様の業種や団体種別(法人・個人・組合など)を基に判断してもらうのが一番いいと
思いますが、単純な切り口としては、
・資本金
・従業員数
の2つの指標のどちらかの要件を満たしていれば、対象事業者となります。
(「みなし大企業」など資本金もしくは従業員数のどちらかの要件を満た
していても株主構成などで対象外となるケースもありますので、お気を付け下さい)

補助対象事業

「事業」という言葉だけ見るとイメージがわきづらいのですが
・日本国内で実施される事業
→「日本国内でITを導入して活用してね」
・IT導入支援事業者が登録するITツールを導入する事業
→「認定された補助対象ITツールを導入しないとダメですよ」
・交付決定後に契約、導入等を行う事業
→「交付申請をして採択される前に契約とか導入したものは対象外になりますよ」
ということですね。

補助対象ITツール

昨年と同様にITならなんでも補助対象となるかというとそうではなくて、
IT導入補助金の事務局から認定を受けたITツール認定を受けているIT導入支援
事業者から購入や契約をしないと補助金の対象となりません。

補助率、補助金額

補助率と補助金額はそれぞれ
補 助 率:1/2以内
補助金額:交付上限額 50万円、交付下限額:15万円
となっております。
気を付けないといけないのは、交付下限額があるということです。
補助率1/2以内で下限額が15万円ですので、
30万円の購入に対して、15万円の補助を受給することが下限額となり、
30万円未満の購入に関しては、下限額の15万円未満の補助金額となってしまうため
補助金を受給することが出来ません。
今回のIT導入補助金を利用する場合、最低でも30万円の予算は確保しておきましょう。

スケジュール

三次公募まで発表されていますが、一次公募以外がまだ変動する可能性もあるため
一次公募のスケジュールについて整理すると
・交付申請期間:2018年4月20日(金)~6月4日(月)
・交付決定日 :2018年6月14日(木)
・事業実施期間:交付決定日以降~2018年9月14日(金)
・事業実績報告期間:2018年6月28日(木)~2018年9月14日(金)
となっています。
スケジュールの流れをまとめると
6月4日までに申請することで、6月14日に結果が出るので、無事採択されたら
9月14日までに導入、支払、事務局への報告までを完了させる
という流れになります。

まとめ

さぁ、今年もIT導入補助金がスタートしました!
今年も多くの中小企業の皆様がIT導入補助金を利用して、SFA・CRMを導入し
IT化による業務効率化や営業生産性のアップ、売上拡大に取り組まれることでしょう。
まだ補助金の利用検討を開始されていない企業様は、一度、検討してみても損はないでしょう。
本ブログでも皆様のIT導入補助金を利用したSFA・CRMの導入検討の参考になるような
情報を、引き続きお伝えして参りたいと思います。

SFA/CRMパッケージについては下記ランキングをご覧ください。
口コミ総合比較ランキング →  https://www.crm-sfa.com/#tab_main

コメントを残す

*

PAGE TOP