2018年もIT導入補助金でSFA・CRMを導入しよう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
IT導入補助金20172018比較

今年、SFA・CRMも含むIT業界がザワザワした補助金といえば
IT導入補助金」ですね!
正式名称は「平成28年度補正 サービス等生産性向上IT導入支援事業」
として、2017年1月27日から経済産業省が申請受付を開始し、
1次、2次募集で予算枠を終了した中小企業のITを活用した生産性向上のための補助金です。

そんなIT導入補助金ですが、先日(2017年12月22日)の平成30年度予算案の閣議決定にて
2018年も実施されることが決まりました!

2017年と2018年のIT導入補助金の比較

今年、IT導入補助金を活用出来なかった企業は、次回こそは是非、活用したい補助金です!
まだ詳細は発表されていませんが、現時点での情報から2017年と2018年の違いについて解説します。
(※正式発表された情報ではないため、2018年版の確定情報は正式発表を基に再度お伝えします!)

比較

予算枠

2017年版:100億
2018年版:500億!!!
なんと、2018年は予算枠を今年の5倍の500億が計上されています!

採択事業者数

予算枠を拡大した目的としては、より多くの中小企業を支援出来るよう拡大され
2017年採択事業者数:13,580社(1次2次採択結果一覧から集計)
に対して、
2018年採択予定事業者数:13万5千社(12月14日日本経済新聞にて報道あり)
の採択を目標にするようです。

補助金額

1つ残念な部分は、補助金額です。
予算枠は5倍、採択目標事業者数は10倍という情報からも推察出来るように
2018年は1社あたりの補助金額は減額されるようです。
2017年:補助率2/3以内 交付上限額:100万円、交付下限額:20万円
2018年:補助率1/2以内 交付上限額: 50万円、交付下限額:未定(いずれも報道情報ですので、まだ確定情報ではありません)
と予定しているようで、50%で最大50万円の補助となるため、2017年の最大150万円の発注に対して、100万円の補助と比較すると
最大100万円の発注に対して、50万円の補助となるようです。

申請様式

2017年は補助金額に応じ、20万~50万未満、50万~80万未満、80万~100万の3種類の申請様式があったのですが
2018年は補助上限が50万円となるため、申請様式も1本化されるかもしれませんね。

まとめ

まだ1次公募の開始時期など詳細は未発表ですが、2018年1月の早い段階に発表されると思われます。
当ブログでも正式情報が発表され次第、お伝えする予定ですが、
次回こそはIT導入活用して、生産性を向上しようと考えている企業は、最新情報を逃さず、
1次公募で申請出来るように準備を進めておきましょう!

SFA/CRMパッケージについては下記ランキングをご覧ください。
口コミ総合比較ランキング →  https://www.crm-sfa.com/#tab_main

コメントを残す

*

PAGE TOP