デジタルとアナログの融合

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
デジタルとアナログの融合

デジタルとアナログの融合

先日、デジタルとアナログを融合させたCRM事例のプレスリリースがありました。
どんな内容かと申しますと、通販事業を中心に展開しているディノス・セシール社が
2018年4月から、ショッピングサイトとカタログ・DMなどの紙媒体をリアルタイムで
連携させたCRM施策、本格的に運用するというニュースです。

DM

どんな仕組み?

顧客がオンラインショップで商品をカートに入れても購入しない場合に、
その顧客データや検討商品の情報を吸い上げ、顧客個別の検討商品内容を反映したDMを
カートへの商品投入から最短24時間で印刷・発送するというものです。

どんな効果があるのか?

今回のCRM事例で効果があるのは、いわゆる「かご落ち対策」です。
かご落ちというには、一旦は商品を購入しようとカートまでは入れたのだが
最終的な注文決定時にカートから外してしまう(購入を見送ってしまう)ことです。
同社では従来、このような顧客には、メールを利用して、販促プロモーションをかけて
いたそうですが、紙媒体のDMも掛け合わせることで、購入率がアップするというデータがあり
そのDM発送までのタイムラグを短くすることで、より最適なタイミングでDMを
手元に届けることが可能になります。

従来はWEB完結が主流

今回の取込に似たようなCRM手法としては、WEBページでの遷移分析が挙げられます。
これは、自社のホームページなどのWEBページにアクセスした人が、どのようなページを見ているのかを
分析することで、電話や訪問などの営業フォロー時に、関心のあると思われる商品などを
提案しやすくすることが可能になります。
上記以外にもWEB完結型のCRM活用は、これまでにも多くありましたが
WEBの情報をDMというアナログ手段にまで活用した上で、営業フォローを仕掛けるという流れを
することで、より効果的な販促プロモーションを実現出来ます。

BtoCビジネスには特に有効

特にBtoCビジネスと呼ばれる個人客向けに商売の場合、メールでの情報発信だけでは、
見落とされてしまうことも多くあります
それに対して、実際に手元に広告媒体は、目を引くものであれば、手元に残してもらいやすく
それが関心のあった商品であれば、なおさら購入に繋がる可能性も上がりますね。

SFA/CRMパッケージについては下記ランキングをご覧ください。
口コミ総合比較ランキング →  https://www.crm-sfa.com/#tab_main

コメントを残す

*

PAGE TOP