eセールスマネージャー新オプションBIをリリース

By | 2017年1月25日

ソフトブレーン社のSFA「eセールスマネージャーRemix Cloud」

の最新版の新オプション機能として、
BI機能「eセールスマネージャーRemix Analytics」
を2017年1月4日にリリースしました。

これはTableau Japan株式会社が提供するBIサービスの
「Tableau」の技術を利用したもので
ユーザーがセルフサービスでBI機能を使うことができ
直感的UIから「複数帳票連動」「エリア分析」「Excelデータの直接取り込み」
「集計表やグラフの混合」「並べ替え機能」「24種類のグラフ」
などが出来るそうです。

機能としては豊富そうなのですが
少し気になるのは価格体系ですね。

あくまでもオプション機能ですので、
SFA本体機能となる「eセールスマネージャーRemix Cloud」の費用
クラウドの場合:1ユーザーあたり月額6,000円~
オンプレミスの場合:1ユーザーあたり60,000円~

にプラスして

BI機能「eセールスマネージャーRemix Analytics」の費用
Analyticsライセンス      :1ユーザーあたり月額3,500円
Analyticsデスクトップライセンス:1台あたり月額9,500円
データ接続用リモート環境費用  :1台あたり月額12,000円
(※クラウド環境上のデータを利用している顧客は、このリモート環境費用も必要)
が発生します。

つまりSFA自体の月額費用にAnalyticsライセンスと呼ばれる
基本ライセンスの月額が上乗せされると
「月額9,500円~」となりますね。
う~ん、中小企業が利用するには、高いかなぁという印象。
価格帯としては、セールスフォース.com社を意識した価格設定でしょうか。

もちろん、SFA以外の様々なデータも取り込んでレポーティングが出来ますから
基幹システムなどのインフラが整っている大企業などでは
基幹データ+SFAデータを連携して、データ分析する機能として
非常に活用しやすいオプション機能ですね。

SFA/CRMパッケージについては下記ランキングをご覧ください。
口コミ総合比較ランキング →  http://www.crm-sfa.com/#tab_main

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です